人気ブログランキング |

あとりえ絵日記

映画三昧その2

昨日はジャック・タチの映画でとっても幸せになれた。
彼を破産にまで追い込んだ超大作を見るべく、またまたジャック&ベティへ行きました。

(午前中)
「フォルtァ・バスティア’78/祝祭の島」1978年~2000年 カラー 28分

1978年フランスのサッカーチーム「SECバスティア」とオランダの「PSVアイントホーフェン」がUFAカップの優勝をかけて対決した。美しいコルシカ島を舞台に試合とサポーターたちをドキュメンタリーで描いたもの。
タチの死後、実娘のソフィーが実家の物置でラッシュを発見し、2000年に再編集したもの。

映画三昧その2_d0322102_10283061.jpg

島を挙げて繰り広げられるサポーターたちのお祭り騒ぎの様子が美しい映像で描かれる。ドキュメンタリーと思えないほど細部まで構成されていて、タチの観察眼が暖かく、すごい!


「郵便配達の学校」1946年 白黒 16分

タチ演じるフランソワが早く配達する訓練を受けて実行することから起きるドタバタを描いたもの。

映画三昧その2_d0322102_10353277.jpg

笑えます。(^o^)


「のんき大将 脱線の巻(完全版) 1949年 白黒 87分

フランスの片田舎、小さな村のお祭りに毎年やってくる巡業のテント小屋で上映されているアメリカの郵便配達の映画をみて、ヘリコプターや飛行機を使って神業のように配達する様子にフランソワはショックを受ける。
テント小屋の団員からもけしかけられ、フランソワもスピード配達を実行するが、やりすぎて脱線してゆく。

映画三昧その2_d0322102_10475230.jpg

すべてのタチ作品に言えるが、愚かで滑稽な人間に対する愛情が見ていてほのぼのとします。(^_^.)
フランスの片田舎のようす、動物たちの扱い、演出が素敵。

(午後)
「プレイタイム」 1967年 カラー 124分

撮影日数345日、総製作費15億フラン。当時の為替レートに換算すると1093億円!!(@_@;)
資金不足での中断は6回、全編70㎜という超大作。一部の観客からは熱狂的支持を受けたが、興行的には失敗、タチを破産に追い込んだ野心作。
近年、急速に評価が高まり、監督および映画芸術の頂点と言われている。
\(^o^)/

映画三昧その2_d0322102_110517.jpg


映画三昧その2_d0322102_1104030.jpg


斬新で、近未来の姿が現代を言い当てている作品。この作品のため、パリ東部に近未来都市を作っちゃったそうで、これだけのこだわり、やりたいことを貫いたタチってすごい人なんだなぁ。

2日続けてミニシアターのクッションのきいてない椅子に座り続けてお尻が痛くなった。
長時間見る方はmay座布団をご持参あれ。。。



by yamateatorie | 2014-06-30 20:17 | せんせい

横浜の中山手ある絵画教室YAMATE美術セミナーの日々です。
by mせんせい
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

画像一覧

YAMATE美術セミナー
横浜市中区西竹之丸82  ☎045-681-7712

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

外部リンク