あとりえ絵日記

<   2013年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧




ハマ展

T君が出品しているので〇〇年ぶりに「ハマ展」を見に行った。
団体展を見なくなって久しい。
理由はたくさんあるが、疲れるのが一番の理由か・・・

場所が赤レンガ倉庫なので、港の風に吹かれるのも悪くないなぁ・・・と散歩気分で。
d0322102_11124650.jpg

面白い雲が出ていた。
海風が心地よい。

d0322102_11132661.jpg

会場に着く。
おびただしい数の作品が天井の低い壁に並んでいる。
お客さんも会場いっぱいすごい数。
しかも年配のご婦人や年配の男性がほとんど・・・
有名美術館展でもないのにこの数は?
そうか、自分たちが出品しているんだ、、、と納得。

やっとT君の絵を発見!

d0322102_1122419.jpg

手前から2番目がT君の絵です。

いつもながら絵の具たっぷりにしっかり描いてある。
「よしよし・・・」

あまりにたくさんの絵でやっぱり疲れて、外に出たら木々のみどりが・・・
美しい!



by yamateatorie | 2013-10-31 11:31 | 展覧会

アトリエ発☆注目作家☆

アトリエで育った個性あふれる才能たち。

注目作家たち。一人として同じ作風はありません。
それだけ個人の世界を大切に育て、開花したのです。
現在勉強中の人もいれば、美術界で活躍中の人もいます。

15歳で広吉先生に師事、かれこれ25年描き続け、本格的な風景画で活躍中の画家「武井誠」もその一人です。

d0322102_15402811.jpg

日本やフランスの風景を主に描いています。

☆グループ展に一点出品します。
「さまざまな視点vol.5」 11月20日(水)~25日(月)  鶴見画廊


静岡県の三島から10年以上横浜のアトリエに通っているがんばりやさん、水彩画の技法は抜群です。

d0322102_2103497.jpg

現在富士宮市元城町19-26 Tea ROOM Ami で個展開催中です。
「山田世利子水彩画展」11月9日(土)まで。
2014年1月にアトリエの「GALLERY千年池」でも個展をします。

二人のほかにも多くの才能たちがいます。
こちらをご覧ください→ 

ひとつの小さなアトリエでこれだけの才能が育つというのは大変なことなのです。
みんな誇りを持って精進してください。

*やっと注目作家のそれぞれのページができたので紹介方々アピールしちゃいました。(遅っ)
まだ完ぺきではありませんが徐々に・・・見守ってやってくださいね。  
by mせんせい



by yamateatorie | 2013-10-28 21:35 | おとなのクラス

入選おめでとう!

MOA美術館児童作品展にアトリエから5名入選しました!

・・・と10月15日のブログに書きましたが、今日は表彰式に行ってきました。

(10月15日のアトリエ絵日記を見れば絵がのっていますよ)

久しぶりの秋晴れで、心も秋晴れ。

幼稚園の時から来ていて今は3年生、初入選のreikaちゃん。
先生もうれしい。

ねぶた祭りの様子をダイナミックに描いて、生き生きと動き出しそう!

d0322102_1353857.jpg

初入選のharuくん、弟のtenちゃんとポーズ。
tenちゃんが来る時の車の中でharuくんにしきりに「授賞式の練習しなくていいの?」と聞いていたそうです。
やっぱり兄弟のこと心配なんだね。
tenちゃんの絵もとってもかっこよかったよ。

d0322102_1451171.jpg

初入選のshiomiちゃん、ちょっと恥ずかしそう。
学校の農園を描いた力作です。

d0322102_1472030.jpg

入賞常連のkanくんrikuくんは写真を撮らせてくれなかった。(ー_ー)!!
おじいちゃんが撮っていたからま、いっか。

みんなみんなおめでとう!!

d0322102_14111170.jpg

これを励みにしてまた良い絵を描こうね。



by yamateatorie | 2013-10-27 15:38 | こどものあとりえ

出会い

某カルチャースクールに通っている方がロビーに展示されている広吉先生の絵を見て、譲ってほしいと問い合わせがありました。
なんでもその絵に描かれている家が昔の伯父さんの家だったそうで、子ども時代の数々の思い出と相まってなつかしく、高齢となって現在病気療養中の伯父さんに見せてあげたいとの思いから連絡をくれたのでした。

その絵は30年前に描いたもので、ギルガメシュ叙事詩のシリーズなどで知られる広吉先生のいつもの画風とはかなり変わった風景スケッチのシリーズです。
当時オーストリア国立ウィーン美術アカデミーの留学から戻り、行き場のない気持ちを紛らわすように毎日毎日横浜の下町を4号のキャンバスを抱えスケッチしていました。
当時もリアルタイムで様々な出会いがありましたが・・・

100枚ほど描いたその中の一枚です。

d0322102_12561061.jpg

洲之内徹氏が芸術新潮の「きまぐれ美術館」で取り上げてくれて反響も大きかったものです。

その方からのお手紙です。

「・・・・・・・(中略)さて、この度は偶然に偶然が重なり、先生の作品とめぐり合うことができました事、本当に感謝しております。

あの店は伯父が営んでおりました店舗兼住宅でした。

近所に祖母も暮らしておりましたので、立ち退きになる前までは毎年、盆や正月に家族であいさつに出掛けた私たちにとってもなつかしい場所です。

あのガラス戸の向こう側に足踏みミシンがあり、伯父が大きな作業台で背広を縫う姿と料理上手な叔母とやさしい祖母が出迎えてくれた様子が今でも目に浮かびます。
その後、叔母も祖母も亡くなり、いとこたちも巣立ち、高齢となった伯父は病気療養中です。
(中略)
あの絵をなるべく早く手渡し、喜んでもらいたいと考えております。
(後略)・・・・」

絵を描いたり、教えたり、個展をしたり・・・と絵にかかわる生活をしている中で、絵を通して出会った人たちとの数々のドラマは感動的です。

一枚の絵に込められた描き手の思い、見る側の思い、どちらも真剣です。

絵とともにあって「良かったなぁ」と思える瞬間です。



by yamateatorie | 2013-10-21 13:28 | せんせい

富士山と虹

台風26号が昼ごろ関東地方に上陸という予報でしたが、朝8時頃には雨も上がり、きっと富士山が見えるだろうとアトリエの2階に行ってみた。
雲の下から左半分富士山が見え、ぼんやり虹色の幕がかかっているようだった。
「虹かな?」と思ってみているとだんだんはっきりしてきrた。
「おう、虹だ!」

d0322102_14202133.jpg
虹も上のほうは薄くなっている。

アップで。

d0322102_14224283.jpg


はっきりしてきた。

d0322102_14164973.jpg
すこし右に移動。高さも増してきた。

さらに右に移動して丹沢のほうに歩いているみたい。太陽の位置が動いているんだけどね。

d0322102_14325158.jpg


ほら、丹沢まで歩いたよ。

d0322102_8114622.jpg
伸びる伸びる・・・まだまだ虹のショーは終わらない。
西の窓から北の窓に移動・・・


うわーすごいね。完璧なアーチだ!

d0322102_14391690.jpg


かれこれ40分間美しい空のお絵かきを堪能しました。



by yamateatorie | 2013-10-16 14:07 | アトリエの庭と空

コンクールで入選したよ!

3才からアトリエに来ているkanくん(現在5年生)がユニセフの地球環境世界児童画コンテストで入選したのは先日のこと。
HPでは紹介したけれど「あとりえ絵日記」ではまだでしたので遅ればせながら紹介します。

広々とした絵画空間。すごい!

入選

d0322102_143788.jpg
西村 乾  杉田小学校5年


その後、「MOA美術館児童作品展」に5名も入選しました!

金賞

d0322102_1455213.jpg
「学校の農園」  藤田汐海  山元小学校 5年


銀賞

d0322102_158865.jpg
「恐竜の炎の戦い」 保良晴之介 大鳥小学校1年


銅賞

d0322102_1595449.jpg
「宇宙旅行」  西村 乾  杉田小学校5年


銅賞

d0322102_15125549.jpg
「水滸伝‘燕青と李逵’」  松平玲佳  北方小学校3年


銅賞

d0322102_15154330.jpg
「月夜のトキ」  西村 陸  杉田小学校2年


みんな頑張ったね。おめでとう!

賞には入らなかったけど他のみんなもとっても良い絵を描いたよね。
みんなレベルアップしたので先生たちはとってもうれしいです。
これからも一枚一枚大切に描いて行こうね!



by yamateatorie | 2013-10-15 15:21 | こどものあとりえ

写生会@根岸森林公園

日中は30°Cになるという中、写生会に出かけました。
暑いけど、空は高く澄んで青く、風も心地よい秋を感じる日でした。
アトリエ組と現地集合組はポニーセンターの前で合流しいざスケッチを。
あれ?なんで写生会に虫取り網と虫かご・・・さらにバケツ。
もちろん虫大好き、ザリガニ大好き少年がいるからです。これも例年のこと。

階段状の観客席で写生を始めました。
先に来てもう描いているShouta君にびっくり!
アトリエではいつもぐずぐずして絵を描かないのにね。

馬場では乗馬クラブの青年女子たちが馬を走らせレッスン中。

d0322102_14193484.jpg

d0322102_14201355.jpg

初参加のDさん「動くから描けないよ、続きはアトリエで描こう」と、写真を撮っている。
見ると、細かいところは描けていないが、全体は臨場感があってとてもいい!
やっぱり、見て描くって大切だね。

お昼まで描いてお弁当を食べたらドングリひろい。
今年は暑かったせいか例年に比べてどんぐりが少ない。森のくまさんもどんぐり不足で冬眠できないね。とっても気の毒だなぁ。。。
アトリエのどんぐり工作はこのくらいあれば十分ですげど。

d0322102_14295747.jpg

d0322102_14322577.jpg

バケツを持った男の子たちはどんぐりひろいもそこそこに池へ突進!

d0322102_14364043.jpg

なぜか女の子もお父さんも夢中・・・

d0322102_1450459.jpg

9匹も釣れて酸欠状態。。。。

帰りには元の池へ返しました。

そのあと、女の子はおおなわ、男の子はドッジボールでおおはしゃぎ!

d0322102_15404.jpg

d0322102_1555239.jpg

今度は綱引き。

d0322102_15784.jpg

女の子の勝ち!

d0322102_1581133.jpg

くやしい男の子、デッカイ5年生のkan君に加勢を頼んで再挑戦するも完敗!
まーちゃんのパパ「見かけ倒しだなぁ」

悔しくてぶーぶー文句を言う男の子を尻目にリュックや敷物を持って遠くに移動する女の子たち。
「男の子がいないところでピクニックしよう」
「男の子は入れない」
もう女子会?

d0322102_15194341.jpg

翔也せんせいをやっつけて憂さを晴らす男の子。
情けない。。。。

思いっきり遊んで楽しい一日でした。

d0322102_15361695.jpg

続きはアトリエで描こうね。
どんぐり工作と馬の絵の展覧会もお楽しみに!



by yamateatorie | 2013-10-13 15:39 | こどものあとりえ

けんたろうさんのライブ@「Jazz is」

昨夜雨の中、劇団ならぬ「楽団ひとり」―バッハ無伴奏~即興曲のほかヴァイオリン独奏の一夜―と銘打った西田けんたろうさんのライブに行ってきました。
けんたろうさんは広吉先生の作曲をサポートしてくれている若手ヴァイオリニスト。本来ジャズヴァイオリニストですが、タンゴやクラシックもこなすマルチなミュージシャン。
場所はスタジアム近くの「Jazz is]にて

d0322102_10242333.jpg

店内はマホガニー色とアイボリーに統一され、椅子のブルーがアクセントになっているシンプルでおしゃれな空間。
壁の1930年代のジャズマンやNYの写真がジャジーな雰囲気を醸している。
ドリンクはもちろんジンライム。

d0322102_1145163.jpg

難曲と言われるバッハの無伴奏チェロ組曲をヴァイオリンで!
意欲的ですね。。。
第一番、二番、六番、三番、四番という順に簡単な説明をしながら弾いてくれたので分かりやすかった。
前半6曲を弾き終わった時には汗びっしょり!
一年に一回のソロライブは、練習も半端じゃないのでやめようかとも思うけどバッハは和音などとても勉強になるのでチャレンジしている、というお話でした。

d0322102_1114233.jpg

途中で入ってきた大阪から来たという二人連れのサラリーマン風の男性客。
さっきお店の前で「なんだ今日はクラシックか」と帰って行ったのにまた戻ってきたそう。
けんたろうさんはその方たちのためにジャズナンバーをサービス。

また、バッハに戻って、最後はシャコンヌ!
生シャコンヌが聞けるとは思わなかったのでmせんせいと広吉先生大満足!

アンコールでけんたろうさんの編曲によるG線上のアリアで〆。

抜け殻になったけんたろうさんと握手をして別れました。
若々しいバッハを堪能した夜でした。



お知らせ
広吉先生作曲の「月を渡るイシュタル」を歌ってくれるソプラノさん募集中!
mail → atorie@yamate-art.jp



by yamateatorie | 2013-10-05 11:41 | せんせい

きずなアートフェスin横浜ランドマークタワー

アトリエの子どもたちが出品している「きずなアートフェス」に行ってきました。
横浜市内の多くの幼稚園やアート教室が参加しているので元気あふれる絵がいっぱい!

d0322102_10463088.jpg


ホールではたくさんのワークショップやイベントが開催され賑わっていました。

d0322102_10483280.jpg

アトリエの子どもたちの絵を探すと・・・ありました!
YAMATE美術セミナーでまとめて展示されていたのですぐわかりました。

すご~い!

d0322102_1052268.jpg

左の2列がアトリエの子どもたちです。
しっかり描かれているうえ、バリエーション、創造力のすばらしいこと!

自画自賛のmせんせいなのでした!



by yamateatorie | 2013-10-01 11:03 | こどものあとりえ

横浜市中区にある絵画教室YAMATE美術セミナーの日々です。
by mせんせい
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

画像一覧

YAMATE美術セミナー
横浜市中区西竹之丸82  ☎045-681-7712

ライフログ

最新のコメント

共感していただいてとても..
by yamateatorie at 12:09
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 16:47
真剣に絵を描き、真剣に遊..
by yamateatorie at 10:40
いいね。みんな顔つきがい..
by たなべ at 18:37
う~ん、………とくにコメ..
by ジェイク at 06:14
ぜひご協力を!
by yamateatorie at 08:54
アトリエでは「自画自賛」..
by yamateatorie at 08:00
いい男という点では似てい..
by たなべ at 15:21
似てません。
by yamateatorie at 11:15
かんくん、わたしに似てい..
by Y.T, at 14:19

検索

ファン

ブログジャンル

外部リンク